So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

零零六 〝雲邪裸毛〟 [何か妖怪!?]

006.gif
毛から毛へ渡り歩く、ジプシー毛むくじゃら
雲邪裸毛(うんじゃらけ)
雲のようにフワフワと宙を漂いながら移動している毛むくじゃら妖怪。毛に包まれている本体自体が外気にふれる事に弱い為、常に全身を毛に覆われている必要がある。しかし、経年劣化により抜け落ちた毛を自ら生やす力が無い事からあらゆる生物の「毛」に張り付き、その体毛を自身の身体に移植(拝借)しながら本体を守りつつ渡り漂っている。なので、移植している毛の色や種類などによってバラエティ豊かな雲邪裸毛が存在する。余談ではありますが、この妖怪の名前を聞いて「志村けん」を連想した人は昭和世代。
nice!(0)  コメント(0) 

零零五 〝うしろまえ〟 [何か妖怪!?]

005.gif
今日は前向き?後ろ向き??
うしろまえ
日常の生活の中で、気がつくと来ている服の前と後を間違って逆に着用していたという経験はないだろうか。この場合、どこかで前後反転に至高の喜びを感じる妖怪〝うしろまえ〟の術中にハマっていた可能性が高い。服が前後逆になる程度のイタズラなので命に関わるような事はないが、冠婚葬祭などの大事なイベントや初デートの時などにうしろまえの餌食になってしまうと精神的にうけるダメージは大きい。場所によっては〝背広返し〟と呼ばれていることもある。(怪談新耳袋 第1夜収録「背広返し」参照
nice!(0)  コメント(0) 

零零四 〝井戸歩き〟 [何か妖怪!?]

004.gif
移動型オアシス
井戸歩き
水源の無い枯渇した地域に、正に “恵みの雨” ならぬ “恵みの井戸“ として現れる人助け大好き妖怪。「井戸歩きが腰を据える所、水湧き上がる水源となる」と言われるその能力から、現代では災害の際等の断水時に給水役として大変重宝がられる存在ではあるのだが、最近なにやら「VSモノの映画」にも出演した〝S子さん〟の霊が井戸の底に住み憑いてしまったらしく、利用しようと来た人間が血相を変え逃げ出してしまう現状に頭を悩まされている。なので有能な霊媒師を探しているが、S子さんと共に妖怪である自身も浄化されないかちょっと心配ではある・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

零零三 〝胃枯ら死〟 [何か妖怪!?]

003.gif
体内水分バキュー魔ー
胃枯ら死(いがらし)
空気中を胞子のように漂う、ミクロサイズの妖怪。就寝中の人間の寝息に乗じ胃袋へ入り込み、その体中から生えている突起物を胃の内面へまんべんなく吸着させ、吸着した突起物の先より対象者の全身の水分を吸い上げてカラカラにしてしまう事から、「胃より枯らし、死に至らしめる」=〝胃枯ら死(いがらし)〟の名が付けられた。朝布団の中で急な脱水症状によりそのまま帰らぬ人となった者がいた場合、夜間にその体内に〝胃枯ら死〟が侵入した可能性が大きいとみられる。
nice!(0)  コメント(0) 

ぐでたまの客いじり力 [イラスト]

R400.gif
7月末日、父・妹・妹の子(姪)・自分の4人パーティーでサンリオピューロランドへ行った際の出来事。今現在開催中のシアター系のアトラクション「ぐでたま・ザ・ム〜ビ〜ショ〜」に入ろうとなり皆で体験する事に。ざっくりと言ってしまえば「ディズニーシー・タートルトーク」のようなお客様参加型ショーの〝ぐでたま版〟なんですが、脚本がすごくよく練られており、お子様向けと高を括っておった自分の予想を良い意味で大きく裏切ってくれる笑いの空間がそこにはありました。〝ぐでたま〟による客いじりがかなり激しく(何と当てられた観客は前方のスクリーンへデカデカと顔を映し出される仕様)、いじられ役の中でも一部の観客は「ギャラを貰ってもいいんじゃないか?」と思える程〝ぐでたま監督〟にこき使われます(笑)。そんな中、ぐでたまが新しい映画を撮る為に観客の中から3つのお題を貰うという件があり、なんとその3人目に自分の父親が指名され、デカデカとその顔をスクリーンに映し出されながらの決定したお題がまさかの本名フルネームというオチで、周りのお客さんは「誰やねん!?」状態だったでしょうが、身内的には爆笑の少しプレミアムのついたアトラクション体験でした。
この夏ピューロランドへ行く機会のある人は、一見の価値ありのアトラクションだと思います。
※但し、周りには内緒で付き合っているお忍びカップル、ましてや浮気や不倫などの関係で参加してしまうと「だれときたの〜?」なんていう〝文春砲〟ならぬ〝ぐでたま砲〟をぶっ放される可能性があるのでくれぐれもご注意下さい。
nice!(0)  コメント(2) 

零零二 〝青舐め〟 [何か妖怪!?]

002.gif
ぺろぺろブルーハンター
青舐め
世に存在する青色の物を見ると舐めずにはいられない習性を持つ妖怪。特殊な粘膜に覆われたその舌で、ターゲットした対象の青色の部分を・・・以下 “赤舐め” 参照。「あれ?コイツもしかして “色舐めシリーズ” で数を稼ごうとしてるんじゃあなかろーな!?」と思ったそこのアナタ、安心して下さい!!今の所確認されているのは赤・青の二体だけです。只、人間ですが当ブログ管理人のように〝世の中舐めてーる〟の存在は確認されております。最後に青舐めは赤舐めより気性が穏やかである。
nice!(0)  コメント(0) 

零零一 〝赤舐め〟 [何か妖怪!?]

001.gif
べろべろレッドハンター
赤舐め
世に存在する赤色の物を見ると舐めずにはいられない習性を持つ妖怪。特殊な粘膜に覆われたその舌で、ターゲットした対象の赤色の部分を舐めとり無色に変えてしまう。赤舐め曰く赤は至高の味らしく、運動会の季節等は赤組の鉢巻きが全部真っ白になり、白組対白組で区別がつかなくなった、なんて話は運動会あるあるになりつつある。舌の吸着が悪くなると、鎌状の両手で舌の表面の劣化した細胞を削ぐ事により吸着力を回復させる。
nice!(0)  コメント(0) 

おやッ、何か怪しい気配が・・・!? [イラスト]

R399.gif
東京は未だに梅雨明け宣言がされておりませんがもう夏本番、巷ではポケモンGOが猛威をふるっておりますが、妖怪ウォッチ3の発売、江戸東京博物館での大妖怪展と、妖怪達にとっても夏本番なこの時期。
ならばこちらも妖怪に便乗だと、当ブログでも(勝手に)妖怪企画スタート。
〝奴らは呼んでもいないのに現れては「なんかようか〜い?」と、独自の生態や趣味趣向を人間に押し付けてくる・・・題して「なんか妖怪!?」シリーズ。
“モンスターズ” から早4年、今回は色々な妖怪をボチボチと紹介していこうかなと。
大妖怪展の会期(東京)は8月28日(日)迄ですが、こちらの会期はダラダラと来年・再来年の夏頃までやっている可能性大なので、ひま〜な時にそ〜っと覗きに来て頂ければ妖怪達にとってもこれ幸いであります。
以上、予告の怪(回)でした。
nice!(0)  コメント(0) 

マイブーム [イラスト]

R398.gif
密かなマイブーム、それが今年の元旦に買った “たこ焼き器” にて自宅でたこ焼きを作って食べること。
巷では、関西人の一家に一台は必ずあると囁かれているこの “たこ焼き器” ですが、我が家には何故か無かった為、かなり遅いたこ焼きデビュー元年となった2016年。
980円の機会で焼くたこ焼きなんて最初はあんま期待してなかった所、これが焼いてみるとメチャうま(←自分なりに・・・ね)で、焼く行為自体の楽しさにもハマってしまい、何か思い立ったら衝動的に材料を買い出してはチビチビ家で焼くを繰り返す日々。(たこ焼きによる総摂取カロリーを逆算するのが恐ろしい)
そんな中、先日妹の家で出張たこ焼きサービスを行った所、好評価を貰えたので自画自賛ではなかった事が晴れて証明。
こんな料理をしない自分の腕も認められたという事で、何かと人の集まる事の多い年末デビューに向け今からたこ焼きの練習をしておくのも話のタネになって良いんではないでしょうか。
粉のチョイスや中の具材、何を付けて食べるか等、その組み合わせは多岐にわたるのでゲーム感覚で楽しいよ♪
nice!(0)  コメント(0) 

ムヒーーーーー!!! [イラスト]

R397.gif
最近モテております・・・に!
血液型がOなのも効してか大モテです・・・に!!
ナイスバディなバンパイア姉さんに血を吸われるならまだしも、ブ〜ンと部屋中飛び回るモスキート共に吸わせる血液はねぇー!!
・・・と言いたい所なのですが、俺みたいな汚れ切った血液でも生きる為の栄養として必要としているヤツらもいるのか、と思わんでもないので吸ってもいいが〝一匹一回〟 までな!
一回吸った方から速やかに別の住人の元へと旅立ってください。
あっ、バンパイアのお姉様の場合はおかわり自由で、何なら長期滞在もオッケーです♪

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。